浮気調査の期間

浮気調査に必要な期間は、普通は3~4日が目安です。

最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話でしょう。

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあります。

逆に、怪しい日があらかじめ分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられる可能性があります。

履歴が見慣れない場所であった場合注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)する必要があります。

それに加えて、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、車によりデートしている可能性があるかもしれません。

運転する人の目につかないところにGPS端末を設置して、移動の様子を常時監視し、今いる場所をモニターしたり、記録したデータを後から取り出して様々な分析をすることも可能です。

移動手段に、車を使わない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

これで、相手がどこに立ち寄ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。

興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言っても良いですね。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな似たような仕事をしています。

ただし、差があるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費としては調査の際にかかった交通費とか写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査員の食事代が足されるケースもあるかもしれません。

時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用が算出されます。

浮気調査を行なう期間が短ければ支払い額も安くなります。

事前に成功報酬と言われていても、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたら調査を行なう3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功ということになるでしょう。

本当は浮気をしているという場合でも、調査中に浮気が見つけられなかったら、結局は浮気の明瞭な証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬としての料金を請求されます。

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁はカッとなってしまう可能性は否定できません。

 自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?裏切られたことをいざ実感してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が多く報告されています。

平穏に解決するためにも、浮気の証拠を押さえるためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。

探偵は依頼されたことのみを調査すればいいのではありません。

浮気を調査していると、意外な問題が起こる場合もあります。

その時、どれだけ依頼者のことを一番最初に考えてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

探偵を信頼してもいいか判断するには、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に判断する事を心掛けてください。

同一電話番号との連絡を電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。

沿うしたらその電話番号の相手が誰かということを割り出せますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話が終わったら電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。
北海道 信頼できる興信所
料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、調査が成功しなければ報酬が得られないという不安があるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。

そのため、成功報酬だからということで、浮気調査費を安く抑えられるりゆうではないのです。

調査に対するこれまでの実績などもチェックして、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です